Loading...

About us

コンセプト・代表挨拶・ビジネスフロー

Concept

”a&d concept”の“a&d”は『アナログ&デジタル』『ありがとう&どういたしまして』を意味しています。

あらゆるデジタルデバイスやツールが発達し、 だれもがより手軽により簡単に様々な情報収集や制作、発信ができるようになった現在。
その中で私たちが大切にしたいと思うのは それらをどう使い・活用し・依存ではなく共存するのか、ということ。
人はデジタルではなくアナログの集合体であり、デジタルだけでは感じることができない、表現しきれないモノゴトはたくさんあります。

私たちはクリエイティブにあたりまずはじめに課題解決の本質を見極め、
『アナログとデジタル』を最適に活用したゴールを描き、目標をおき、実行する。
その過程で生まれる『ありがとう&どういたしまして』を 大切に活動しています。


Message

はじめまして。代表の小塚です。
私自身は元美容師から沖縄のホテル、さらには大手家電メーカーと、様々な業種・職種を経てきました。
一見繋がりの薄いように見えるそれらの経験ですが、
小さな点と点がめぐりめぐって繋がることでクリエイティブに活かされています。

それらすべてを踏まえた多様な角度からのアプローチを3つの強みとし、
課題解決のお力になると共にさらなる飛躍のための+αまでを見据えて、
皆さまと繋がっていければと感じています。

3つの強み

長年の接客経験を活かした
的確な目的の把握と提案

接客では、お客様が何を求めているのか・何に不満を持っているのかを的確に把握し、それに対する最適解を提案することが基本です。また、お客様に感動していただけることを最重要としており、そのためにはお客様が求める以上の提案や「そうすることでこうなる」というイメージを喚起しやすい説明が必要です。これは私たちが現在も大切にしている基本的なビジネスマインドです

今まで触れてきた多様なクリエイティブ
から生まれるデザイン

代表が元美容師ということで、10代の頃から様々なデザインやカルチャー、音楽やアートなどクリエイティブなモノゴトに触れてきました。それらは現在の代表及びエーアンドディーコンセプトが持つセンスとして脈々と根付いています。デザインの押し付けではなく、そこからお客様と創りだすビジネスの中で生まれる、新しいデザインを私たちはいつも楽しみに、感覚的な発想も大切にしています

大手企業で培った
ビジネス感覚との相乗効果

特に後半はマーケティングを絡めたビジネスに従事しており、幅広い業務に関わりました。その中でモノゴトの企画実施にあたっても、環境分析(3C/SWOT/4Pなど)をふまえた企画提案、進捗管理(KGI/KSF/KPI)によるアクションの最大化やPDCAサイクルへの発展など、様々なマーケティング経験を基に、感覚的な発想と組み合わせて総合的な提案を徹底して行います


Business Flow

まずはお話を聞かせてください
現状課題はもちろん、強みやこだわりや夢や悩みなど一見関係のないことでも聞かせていただくこと、
感じさせていただくことが、最終的なクリエイティブに大きく影響してきます。
これは長期的に見てブランディングに貢献するための大切なステップになります。
だた制作するだけではなく、以下をふまえて制作にあたります
ブランディング

価値を生み、高めるためのブランディング。どうなりたいのか・どうありたいのかという指針を明確にすることで、どう見られたいのか・どう感じてもらいたいのかという立ち位置が見えてきます。そして、そこに向けた目標設定や手段手法をより精度高く検討することができるようになります

マーケティング

ブランディングを一つの目的とし、そこに向けた目標を設定します。3C/SWAT/4Pといったマーケティング手法を取り入れることで、迷いにくい目標設定が作りやすくなります。そこにKGI/KSF/KPIも合わせて提案することでアクションの最大化を目指し、そこから先のPDCAを想起しやすくすることも心がけます

プロモーション

制作したロゴや各種クリエイティブコンテンツをどう使うか、どう活用できるのか。目指すブランディングにさらに近づけるために、制作したコンテンツを使った様々なアプローチがあるはずです。制作したものを制作しただけにとどめず、さらに効果を高めるべく活用提案できることも念頭に置いています